熊本の出産内祝、快気祝などのギフト専門店

ブログ/2021-05-22

中原中也の詩の世界   

 1907年、山口市湯田温泉に生まれた近代詩人の中原中也。30歳の若さで亡くなった後、友人たちの尽力により数々の詩集が刊行されています。

画像の説明 画像の説明

画像の説明 画像の説明

 短い生涯を詩人として生き抜き、珠玉の詩編を後世に残した中也の足跡を訪ねて記念館へ。

画像の説明 画像の説明

 中也の代表作は「汚れっちまった悲しみに、、」

   汚れっちまった悲しみに 今日も小雪の降りかかる
    汚れっちまった悲しみに 今日も風さえ吹きすぎる

   汚れっちまった悲しみは たとえば狐の革裘
    汚れっちまった悲しみは 小雪のかかってちぢこまる

   汚れっちまった悲しみは なにのぞむなくねがうなく
    汚れっちまった悲しみは 倦怠のうちに死を夢む

   汚れっちまった悲しみに いたいたしくも怖気づき
    汚れっちまった悲しみに なすところもなく日は暮れる……

画像の説明 画像の説明

画像の説明 画像の説明

 中学時代まで文学少女で詩を読み書きするのが好きだった私にとって、中也はちょっとミステリアス&特別な存在。静かな記念館で、思い切り詩の世界に浸ったひと時。

画像の説明 画像の説明

画像の説明 画像の説明
 
 モダンな造りの記念館には若い世代のファンが訪れていて、中也の人気の高さを感じました。

画像の説明 画像の説明
        


コメント


認証コード(2716)

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional