熊本の出産内祝、快気祝などのギフト専門店

ブログ/2021-05-26

瑠璃光 ~五重塔と桜~   

 ”西の京都” とも呼ばれる山口市。香山町の「国宝 瑠璃光寺(るりこうじ) 五重塔」へ。

画像の説明 画像の説明

画像の説明 画像の説明
                      ハナモモ 越しに塔の相輪が

画像の説明 画像の説明

 全国に現存する五重塔のうちで10番目に古く、美しさは日本三名塔の一つに数えられ、室町中期における最も秀でた建造物と評されています。

画像の説明 画像の説明

画像の説明 画像の説明

 五重塔は相輪の尖端まで31.2m、各層軒が広く張出し、檜皮葺の屋根の勾配は緩くなっている構造。室町建築としては、装飾が少ない造りがシブイ!

画像の説明 画像の説明

画像の説明 画像の説明
                山口の基礎を築いた大内氏の、24代大内弘世の銅像

 観光山口のシンボルとして、大内文化を優雅に伝える五重塔。桜とのコラボも抜群。写真を撮る袴姿の女性の姿があって、もしかしてと思ったら山口大学の卒業式の日でした。

画像の説明 画像の説明
        


コメント


認証コード(6467)

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional