熊本の出産内祝、快気祝などのギフト専門店

ブログ/2021-05-30

ダ・ヴィンチと騙し絵の牙   

 たまたま買った情報マガジン「ダ・ヴィンチ 4月号」に、映画『騙し絵の牙』の特集が。

画像の説明 画像の説明 

 本作は塩田武士が "出版界の光と闇" に焦点を当て、4年に渡る取材を経て執筆した社会派ミステリー。「2018年本屋大賞」にノミネートされ話題を呼んだだけでなく、小説発案当初から映像化や、大泉 洋主演のキャスティング まで視野に入れて描かれた異色の文芸作品。

画像の説明 画像の説明

画像の説明 画像の説明

 特集を読んでいる内に映画を観たくなって、TOHOシネマズサクラマチへ。

画像の説明 画像の説明

 全員クセモノの騙し合いが面白く、一昨年の『記憶にございません』以来の、豪華キャストのバトルが楽しめる邦画でした。大泉 洋がカッコイイ編集長に見えてきました

画像の説明 画像の説明

画像の説明 画像の説明

 映画を観たのは桜が満開の頃。うちの庭を定宿にしている、野鳥のシロハラの寝床近くに大量の鳥の羽根が! 庭で見かけた、イタチの仕業かと心配しましたがシロちゃんは無事でした。

画像の説明 画像の説明
        


コメント


認証コード(4555)

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional